検索されやすい言葉で上位に!ビッグワードをターゲットにしたSEO

ビッグワードとはなにか

SEOの世界にはビッグワードという言葉があります。これはなんなのかというと、検索でよく利用される単語のことです。たとえば、「ダイエット」などが当てはまります。SEOでは、ビッグワードをターゲットにすることは非常に効率が悪いといわれています。というのは、ビッグワードで検索結果の上位に来るサイトは非常にお金をかけていて、対抗するのは難しいからです。個人がSEOに100万円出したら、それはかなりの予算といえますが、ビッグワードではなにも変えられない金額になります。

企業がビッグワードのSEOにお金をかけるのは

ビッグワードのSEOにお金をかける企業が多いのは、収入に結びつく可能性が非常に高いからです。たとえば、「ダイエット」であれば、この言葉で検索する人は痩せることに関心を持っていることはほぼ間違いありません。なので、健康器具を販売している会社が、ダイエットと検索されたときに自社のウェブサイトやオンラインショップが検索結果の一番上に表示されるようにSEOを行えば、売り上げが伸びる可能性はかなり高いのです。

個人でも複数のキーワードの組み合わせで対抗できる

では、個人はビッグワードのSEOはまったくやらない方がいいのかというと、そうとはいえません。たとえば、ビッグワードとそのほかの言葉を組み合わせた検索で上位に表示されるようにするといった工夫は有効になることがあります。また、中小企業の場合は、ビッグワードと地名を組み合わせたSEOを行うことで、地元の人を自社のサイトに呼び込むことができます。なので、最初からあきらめずにいろいろとトライしてみるといいでしょう。

ホームページ作成とSEO対策をしよう!ホームページを作るなら、上位に会社が出るようにSEO対策もしっかりしましょう。せっかくお金をかけてホームページを作っても、見てもらえなければ意味がないからです。