営業社員が多ければいいは嘘!?効果的な営業活動

営業社員を抱えることは効率的とは限らない

営業職の社員を多く抱えて営業活動のために外出する姿は昔から変わらない営業スタイルです。1日どのぐらいピンポンと呼び鈴を押したか、その中で会ってくれた人は何人いたかといったノルマを課して営業活動をしている企業も多いですが、実際に外出してしまうと管理監督をオンタイムで出来るわけでもなく各営業に任せきりの状態になります。当然その社員の中にはサボる人も出てきて、トータルで考えると社員を抱える割に効率が悪かったりします。

テレアポ代行会社に訪問先を確定してもらう

会社も効率的に利益を出したいですし、バブル崩壊の後には各社経費削減に走ったように、経費は抑えた形で効率的な営業活動を考える必要があります。その中で注目されているのが、訪問先を電話で確定させてから営業活動に入るというスタイルです。そのために電話をするのも自社ではなく、電話をかけることに関してはマナーもスキルもあるテレアポ代行会社に委託します。自社でそこまで電話がけの社員のスキルを高めるのは難しいですが専門会社であれば容易に人材を確保できます。

人件費を抑えて効率的な営業活動

多くの営業社員を抱えることなく、その分をテレアポ代行会社に支払い訪問先を確定してもらいます。確定した先に訪問して営業トークができるために、断られるといった精神的なダメージを受けないため営業社員のメンタル面でも健康的に仕事ができます。またテレアポ代行会社との契約も何件とれたらいくらという形にすれば、より効率的に訪問先を確保することができます。固定費の人件費を下げて、変動費のテレアポ代行会社と契約することで経費も効果的に活用することができます。

テレアポ代行の魅力とは、普通の人が嫌がる電話をプロに任せる事で、他の社員は他の仕事に没頭する事ができる点にあります。