大きい倉庫だけじゃダメ!?倉庫の能力も必要

商品を保管するための大きな倉庫

卸売り業者は多くの商品をメーカーから購入して保管しており、小売店から発注があった場合に、それらの商品を迅速に納品しています。できるだけ早く納品することは卸売業者としてはアピールポイントになります。そのため身近に多くの商品を保管しておく必要があるために、商品を保管できる倉庫を借りてそこに商品を保管して、そこをベースに発送をしています。そのため倉庫の大きさは多くの商品を保管できるような大きなものが必要です。

保管されている商品が新鮮のままであるために

だからといって大きさだけが必要条件ではないのです。場合によっては商品は長い間保管する必要もあります。発注が来るまで倉庫内で納品時と変わらぬ姿で保管しておく必要があるのです。そのため倉庫が大きいのと同時に、温度や湿度もしっかりと管理されていて、商品の箱がカビたり湿気で破損することがないように倉庫内の環境も調整できるようなシステムであることが必要です。そのような空調がしっかりしているためには天井も高く一定の環境であることが必要です。

大きな倉庫では早く発送できる仕組み

そして倉庫自体がそのような大きさであるため、商品を効果的にピッキングできる必要もあります。多くの商品の場所が一瞬に理解できて、ピッキングできるように商品の配置、また棚番号の設定、そしてそこで働く人の教育も必要になります。広く大きな倉庫だからこそ、効率的にピッキングして発送できるような仕組み作りを設定しておくことが必要です。また24時間フル活動をしている倉庫も多く、そのためのアルバイトやパートをはじめとした人材確保も必要になります。

ユーザーから注文があった物を出荷して、納期迄に納品するべく運送業者に委託する事で、大型連休や年末年始は物流網は混雑するので、出荷の際は要注意です。